溶岩洞穴の氷の状況 2022.3.4

3月に入って気温も幾分暖かく感じられる日もちらほら。

しかし樹海の溶岩洞穴の氷はこれからが成長時期となります。

厳冬期は寒すぎて地表の雪もなかなか解けませんが、地表が暖かくなると雪解けが進みこれが地中へと染み込み洞穴内にツララや氷柱、氷筍を形成します。

洞穴内には厳冬期の冷気が溜まっているため、これからが氷の成長時期となるのです。

今日現在、高さ2メートル余りの氷筍やツララも見受けられますが、まだまだといったところです。

これから春に向けての、大きな寒暖差に期待したいところです。









閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示